胸がないと言われました。子どもにですが本当のショックでした。

今回の話は、バストが小さいことによって起きてしまった悪意のない事件です。

この女性の方は、子どもから言われたある一言が原因で、かなりつらい思いをしてしまったようです。しかし、これが現実ということで、彼女も最後は受け入れるのですが、そこまでのいきさつが酷いものですね。

悪意がないからこそ、鋭利な刃物でグサっと刺されたような気分になるものです。では、以下ご覧ください。

子どもの何気ない一言

d3df60b108fe86ac2c6a2e0d133f3d46_s

昔から胸が小さいのが悩みです。
といっても、ある経験をする以前は正直あまり気にしていませんでした。その経験とは、見知らぬ子供にハッキリ言われたことです。

私は身長165cmと割と高めで、自分で言うのもなんですがスラッとした細身体型です。
よくスラリとしているねとスタイルについては褒められることが多かったので、胸の大小は全く気にしていませんでした。
バストラインが出るような服や、女の子っぽい服というよりは、シンプルなシャツスタイルのようなものを着ることが多いので、ラインが出なくて余計気にならないということもあります。
そのため、カップのついたキャミソールやタンクトップを着て、ブラジャーはつけずに外出することも度々です。悪く言えば貧乳なので、別にブラジャーで支える必要がないというか、キャミやタンクトップで生活に全く支障がなくて、しめつけが無いので楽という方が勝っていました。

ある日、姉の家に遊びに行った時、姉と一緒に姉の子供の幼稚園のお迎えに行きました。

姉は髪の毛はロングヘアーで、ふわふわのスカートを好んで着るような女性らしく可愛らしいタイプです。
一方私は髪はショートボブで、背が高くて、その日は生成りのシャツにパンツというスタイル、おまけにすっぴんでした。

対照的な2人だったせいもあると思うのですが、帰るために出てきた子供たちは私を見て「〇〇ちゃんのパパ?お顔違うよね??」などと言ってきます。

7dd57bd1160aaac513596699878df453_s
その時点でみぞおちを殴られたようなショックを受けたのですが、相手は子供と思い、「違うよー。〇〇ちゃんのママの妹だよ。」と優しく返しました。
すると、子供たちは口々に「えー」と驚いた声をだし、そのうちの1人が「妹じゃなくて弟でしょ!」とさらに言ってくるではありませんか。

答える気力もなく、もういいやと流していたら、優しい(?)女の子が「妹だから女の人なんだよ」と弟と言ってきた子に説明しています。
正直、もうこの会話やめてくれという気持ちでいっぱいだったのですが、その言われた子は「だったこの人おっぱい全然ないじゃん。男だよ!!!」と怒って言い返しました。

f83243441449c21f55fe07d95173e2ad_s

その一言でもう周りのママさんたちも固まってしまいました。
その前から私が男だ女だと言われている時点でママさんたちは気まずそうにしていましたが、ここまでくるともう誰も何も言えません。頼りの姉はずいぶん前から離れたところで先生と話しているので、一連のこの会話は聞こえていません。
もう面倒になった私は「うんうん。間違えちゃった。弟だよね。」と言ってその場をそそくさと去り、姉に一言メールしてとりあえず幼稚園から去ることにしました。

見知らぬ子供に「おっぱいがないから男だ」と言われたのは死ぬほどショックでした。確かに男っぽい身なりだし、後ろ姿から「ちょっとお兄さん」と声をかけられたこともあります。でも、おっぱいが無いから男に見えるということは考えたこともありませんでした。
たしかに、細身で髪が短くて化粧をしていなくても、バストがあったら男にはみえないよな、と子供の発言がものすごく的を得ていることを痛感してしまい、余計に何とも言えない脱力感に襲われたのです。

33a02441144b7df6db7f15395caa421c_s

なにより、男の人と間違えられたことよりも、胸が無いとハッキリ言われたことがショックで、ブラジャーもつけないくせに、そこは言われたら嫌なんだなと自分でも不思議です。
幼稚園児の発言に対して真剣に取り組むのも悔しい気がするのですが、その発言を受けて以来、きちんとブラジャーをつけるようになりました。
しかも、専門店でサイズを計ってもらい綺麗なラインがでるものを買ってしまいました。
子供は無邪気に人を傷つけるので怖いですが、それが真実でもあるのだなと勉強させられました。

子どもは正直すぎてダメージが大きい。。。

そう、あまりにバストがなかったために無邪気な子どもからもこのような・・・暴言に近い内容を言われてしまったのです。とは言え、確かにこれが現実ですが、私も同じようなことを言われていたら立ち直れないかもしれません。

本当に、ショッキングな出来事だったと思います。


関連記事


ランキング


おすすめ記事