バストアップにはアルギニンが効果あり!

アルギニンとはどんな働きをするものなのか?

アレルギン?なんだか聞きなれない言葉ですね。

アレルギンは、バストアップを後押ししてくれる、アミノ酸の成分の事です。バストアップにアミノ酸?不思議に思うかもしれませんが、実は関係なさそうで、バストアップにとても大切な成分です。人間は自分の身体の中で、たんぱく質をアミノ酸をつくりかえています。たんぱく質は、鶏肉、豚肉、牛肉などの肉類。さらに白米など、毎日食べている物に入っています。

アミノ酸といっても、20種類のアミノ酸があります。その中の一つがアレルギンというアミノ酸です。アレルギンはアミノ酸ですが、さらに「非必須アミノ酸」という成分になります。

アミノ酸は20種類ありますが、「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」のどちらか2つに分かれます。必須アミノ酸は、身体の中でつくることはできませんが、食べ物から摂取できる9種類のアミノ酸です。牛乳、チーズ、卵、レバー、卵などで身近な食べ物で摂取する事ができます。

必須アミノ酸の成分の種類は、ロイシン、イソロイシン、バリン、スレオニン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒシチジン、の9種類です。

非必須アミノ酸は、グリシン、アラニン、セリン、チロシン、システイン、アスパラギン、プロリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、の11種類です。

この非必須アミノ酸は、食べた物を身体の中で分解して、合成してつくられる11種類のアミノ酸です。非必須アミノ酸のアルギニンは、成長ホルモンの分泌を活発にする事ができます。

アルギニンは、身体の中で作ることができる「非必須アミノ酸」の事ですが、しかしそれは成人になっている身体にだけです。成長期の間は体内の「非必須アミノ酸」が不足しがちになります。

アルギニンの正しい成分名は、「条件付き必須アミノ酸」として扱われています。その条件は、大人になっても、病気や怪我で体力が消耗しているときは不足してしまう、という条件の意味です。

そして、条件付き必須アミノ酸の代表的なものに、アルギニングルタミン酸の2種類があります。

条件付きというのは「ある条件の場合、必要になってくるアミノ酸」という意味です。非必須アミノ酸の中のアルギニンとグルタミンは、条件付き必須アミノ酸と言われています。実は、「条件付き必須アミノ酸」とは必須アミノ酸の9種類ではないので、勘違いしないようにしてください。条件付きというのは、アルギニンとグルタミンの事です。

このアルギニンとグルタミンは、子供の頃には生成できない成分なので、必須アミノ酸と言えますが、大人には合成できるので、非必須アミノ酸となってしまうため、このような名称で呼ばれています。その為、必須アミノ酸である9種類とは別に、アルギニンとグルタミン2種類は覚えておきましょう。

そして、身体の中には100種類以上の、ホルモンがありますが、特にバストアップに必要なホルモンは、成長ホルモンと女性ホルモンです。成長ホルモンは、身長を伸ばす、筋肉や骨を作る、代謝を良くする、老化を防止するという大切な働きをしています。

しかし身体のなかには、成長ホルモンの動きを抑えてしまう、ソマトスタチンという働きがあります。アルギニンは、このソマトスタチンの動きを抑えて、成長ホルモンの分泌を活発にすることもできるすごい成分です。

さらに成長ホルモンが活発になると、一酸化窒素が増え、血管の若返り効果が期待できます。一酸化窒素は、血管を広げて若返らせ、血管の中の内壁を柔らかく、強くしてくれます。手の甲の血管が、浮き出ているという事は、血管が固く、老化しているという事です。血管の柔らかい、若い女性の手の甲には、血管の浮き出しがほとんどありません。

そして、女性のバストの中には「ラクトゲン受容体」というものがあります。成長ホルモンが増えるとバストのラクトゲン受容体と成長ホルモンが結びつき、乳腺が発達します。乳腺が発達するとバストが大きくなるのでバストアップにつながります。

バストアップに欠かせない女性ホルモンも、成長ホルモンの一種です。アルギニンは、脳の中にある視床下部という、体温調節や代謝の調節、睡眠、月経周期など、女性にとって重要な働きを整え、さらに自律神経の動きをスムーズする効果があります。

そして、視床下部の下にある脳下垂体で、女性ホルモンを分泌しやすくしてくれるのです。アルギニンは、血管を広げて、血液の流れをスムーズにしてくれるので、体の血行もよくなります。冷え性の女性は、体のリンパの流れが悪く、バストの血流も悪くなってしまっている事が多いので、アルギニンを取り入れ、バストアップを目指しましょう。

さらにアルギニンは、コラーゲンを作る作用もあるので、キレイな肌を作る事もできます。バストにハリを出し、バストの肌もキレイにすることができます。アルギニンは、バストアップに興味がある女性なら、知っておくべき成分です。

アルギニンはどのような食べ物に含まれているのか?どのように摂取するのが望ましいのか?

アルギニンを体の中に入れたくても、どのような食べ物でとり入れればいいのしょうか?

アルギニンは普段の食べ物で、接種できる事ができます。アルギニンが多めに含まれている食べ物は、以下のようになります。

食品100gあたりに含まれるアレルギンの量は、ぶたゼラチン 7,900mg、かつお節 4,300mg、落花生 3,200mg、ごま 2,700mg、大豆(乾燥) 2,700mg、アーモンド 2,100mg、車えび 2,000mg、油揚げ 1,600mg、鶏むね肉 1,500mg、クロマグロ 1,400mg、豚ロース 1,300mg、牛ひき肉 1,300mgsさらにチョコレート、ナッツ類などいろいろあります。このアルギニンが含まれている食品を積極的に食べるようにしましょう。

アレルギンが含まれているとはいえ、カロリーの高い食品が多い気がします。特にチョコレートを食べると、肌あれが気になる女性もいるのではないでしょうか。ダイエットをしている女性はカロリーの高そうな食品を避けるので、結果的にアレルギン不足になっている事が多いようです。

1日あたりのアルギニンの摂取量の目安は2,000~4,000mgとされています。運動量の多い人やアスリートなんかは、10,000mg以上の摂取が必要だといわれています。でも、バストアップのためには、15,000~21,000mgまで摂取する事が理想です。

スポーツドリンクの成分表を見ても、「アレルギン」と表記されている事があります。ふだんの生活でも、成分表を見るクセをつけてみましょう。全く関係の無さそうな食品の成分にも入っているかもしれませんよ。

アルギニンを摂取できるレシピは

「かつお節のふりかけ」

材料
だしがらかつおぶし300g
醤油・大さじ10
酒・大さじ9
砂糖・大さじ3.5
水・おおさじ3
ごま油・小さじ2.5
白ごま・適量

作り方
フライパンにかつお節を入れ、パリッとなるまで炒めます。油等は入れず「から炒り」します。そして下に書いてある調味料を入れて煮立ってから弱火にします。弱火にしたら、水分がなくなるまで炒めます。
調味料は、醤油:大さじ10、酒:大さじ9、砂糖:大さじ3.5、水:おおさじ3、ごま油:小さじ2.5です。
ふりかけなので、濃いめの味付けです。薄味が好きな人は醤油、砂糖を少し減らして下さい。
そして、水分がなくなったら白ごまを入れてかき混ぜて下さい。これで完成。とっても簡単に作れるふりかけです。おにぎりやお弁当にも入れやすいので、簡単にアレルギンを摂取しやすいレシピですね。

「豆腐のハンバーグ」

材料
木綿豆腐・1/2
大豆ミート・大さじ2くらい
片栗粉・大さじ2.5
小麦粉・大さじ1
玉ねぎ・1/3
塩・小さじ1/3
味の素・小さじ3

作り方
木綿豆腐を電子レンジで3分ほど加熱して水分を取り除きます。そして、水分を取り除いた豆腐をフライパンで加熱、残った水分も完全になくなるまで炒めます。この時に豆腐の形をぐちゃぐちゃにして下さい。
大豆ミートと細かく刻んだ玉ねぎ、味の素をフライパンに加えてさらに炒めます。玉ねぎにしっかり火が通ってから、ボールに入れて小麦粉と片栗粉を入れて混ぜて下さい。
ハンバーグの形にしたら、もう一度フライパンで加熱します。すでに火が通っているので、弱火で5分くらい焼けばOK。両面やけば完成です。

「ゆで豚ゼラチン」

材料
豚バラブロック・400g
塩・小さじ1
粉ゼラチン・5g
砂糖・大さじ3.5
酢・50ml

(みそだれ)
ゆで汁・大さじ3
みそ・大さじ2
砂糖・大さじ1
にんにく・1片
しょうが・1片

作り方
豚バラに塩をもみこみ、10分程、室温で寝かせて下さい。※豚肉が大きい場合はフォークで何か所か刺すと火が通りやすく味もしみ込みやすくなります。そして、豚肉を包み込むようにゼラチンをまぶします。
鍋に水、900mlを入れて酢を入れます。沸騰してから、処理をした豚バラ肉を入れて、中火で10分くらい煮ます。
10分くらいしたら途中で火を止め鍋に蓋をします。15分ほど蒸らしたら、皿に移して、上記の「みそだれ」を混ぜて、からめてください。そして豚肉が冷めるまで待ちます。冷めたら、食べる分量を切り分けてみそだれをかけて出来上がりです。お好みで野菜をそえて盛り付けてください。

アルギニンは、かつお節、ごま、豚肉、牛肉など、いろいろな食材に含まれていますので、レシピを工夫すると簡単に摂取できる事ができそうですね。

アルギニンの効果とはどのようなものか?

75820fa42c101f17ab487406b42226f0_s

アルギニンを、摂取すると、どのような効果がでるのしょうか?

最初にお伝えしたように、アルギニンには成長ホルモンと、女性ホルモンの分泌を促す作用があります。女性ホルモンが活発になると、バストの中の脂肪や乳腺が刺激され、生理前のようバストのハリが実感できるようになります。

女性のバストは、10代の成長期に、女性ホルモンの分泌が多くなり、女性らしいバストができてきます。しかし、20代30代と年齢を重ねると女性ホルモンの作られる量が減っていってしまいます。でも、アルギニンを摂取し、女性ホルモンを増やせば、バストアップする事ができます。

アルギニンを摂取することで、エストロゲンもプロゲステロンも活発化することができます。

エストロゲンは月経をおこし、妊娠しやすい体を作るという性機能や、血管や骨、脳などの機能を健康に保つという働きがあります。エストロゲンが活性化すると健康的で女性らしい体つきになります。

次に、美容面。肌の水分量の調整、皮脂量の調整、乳房の発達、コラーゲンの生成など、女性の美のコントロールにおいても、エストロゲンが欠かせません。さらに、精神面でいうと、月経前の女性は、精神的に不安定となることがあります。これもまた、エストロゲンの減少が原因です。逆に言うと、エストロゲンが十分に分泌されていれば、穏やかな精神が維持されるということです。

プロゲステロンは、妊娠を助けるホルモンで、受精卵を子宮内膜に着床しやすくします。基礎体温を上げたり、体の水分を保持したり食欲を増進させる効果があります。もし妊娠した場合は、妊娠を継続させるのに必要不可欠です。排卵から次の生理にかけて分泌され、体の不調やむくみ、精神的に不安定になったりお肌の調子が悪くなることもあります。

なので、プロゲステロンも大切ですが、エストロゲンがしっかりに分泌されていれば、穏やかな精神状態でいられる事になります。

内側の健康、外側の健康を底上げしてくれる成分がアレルギンです。

また、アルギニンの美肌効果もすごいです。バストアップをしたいという人は、バストサイズはもちろん美しくハリのあるバストを手に入れたいと思っていますよね。アルギニンはコラーゲンの合成にも効果的な成分なので、アルギニンを摂取することでぷるぷるの潤った肌が手に入ります。

コラーゲンのおかげで、弾力のあるバストになるので、見た目にもバストアップ効果の分かりやすいアルギニンはとてもおすすめです。アルギニンは、コラーゲンの合成にも関係しているということは、バストの部分だけではなく顔のキレイな肌を作る効果もあるので、バストアップ以外の効果も期待できますよ。

そして、アルギニンはバストアップ以外にも3つの効果があります。

1つめは、生理不順の改善です。視床下部、脳下垂体の動きを調節してくれるアルギニンは、女性ホルモンの分泌を整え、生理不順の改善効果をもたらしてくれます。

2つめは、脳、肉体の疲労回復です。アルギニンが体内で一酸化窒素に変わると血管が広がり、全身への血流が良くなります。そのため体全身に栄養が行き渡り、脳や身体の疲労回復に繋がります

3つめは、ダイエット効果です。成長ホルモンが分泌されることで、脂肪の代謝分解を促し筋肉の量を増やします。そのため、脂肪と筋肉のバランスが良くなり、ダイエット効果につながります。

アルギニンには、バストアップ以外にもいろいろな健康、美容効果がある成分です。ぜひ積極的に取り入れましょう。

アルギニンを効率よく効果的に体に吸収させるためにはどうすればいいのか?

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s

身体の中にアルギニンを入れて、効率よくバストを大きくするにはどう摂取すればよいのでしょうか?バストアップのためにアレルギンを摂取するにはコツがあります。それは「ビタミンB6と一緒に摂取」することです。

アルギニンは身体の中でアミノ酸に変化して、バストアップに効果のある、女性ホルモンへと変化します。

ビタミンB6と一緒に摂取すると、アルギニンは効率よく女性ホルモンに変化します。ビタミンB6が多く含まれている食品は、魚(特に赤身)、ごま、にんにく、レバー、バナナ、さつまいも、ピスタチオ、などです。食事に取り入れる事を意識しましょう。

アルギニンだけなく、ビタミンB6は、丈夫な体をつくりたい方や、肝臓の健康を保ちたい方、肌のアレルギー症状に悩まされている方、血管の老化を予防したい方、月経前症候群を予防したい方、経口避妊薬 (ピル)を常用している方に、とてもおすすめのビタミンです。

食べ物からだけの摂取が難しい場合、サプリメントで摂取する方法をおすすめします。バストアップのためにアルギニンを摂取するなら、食べ物よりも、サプリメントで摂取するほうが手軽かもしれません。食事にアルギニンとビタミンB6の事を気にすることは大切ですが、家族や友人との付き合いで、思いどうりの食事が続けられない事もあると思います。アルギニンとビタミンB6とバストアップの事ばかり考えていたら、バストアップどころか、ストレスでイライラしてしまいそうですね。

そういう場合はサプリメントを利用しましょう。

アルギニンの成分を効率よく吸収させるには、胃が空っぽの空腹時に摂取すると、バストが大きくなりやすいです。バストアップのために、効率よくアルギニンを摂取したい女性は、飲む時間を決めておく事をおすすめします。寝る前に飲むなどのルールを決めておくと、飲み忘れにくいので続けやすいと思いますよ。

アルギニンを摂取するときの注意するべきこと

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

アルギニンは、バストアップにとても効果があるのですが、大量に摂取しすぎると体調を崩す場合もあります。くれぐれも21,000mg以上の摂取はひかえてください。アルギニンは、強アルカリ性なので胃の中で、酸性の胃酸と中和してしまい、腹痛や下痢になってしまう場合があります。強アルカリ性は、摂取しすぎると手などに触れると火傷のように皮膚が溶けてしまう危険性があります。

バストアップのためにせっかく摂取しても身体に不調をおこしてしまうと、逆に全体的に痩せてしまします。不健康な身体は魅力的な女性に見えません。

特に、ヘルペスができている人は、ヘルペスウィルスを増やしてしまう事があります。なので、ヘルペスができている人にとっては、アルギニンがとても相性の悪い成分になってしまうので、ぜひ完治してから摂取するようにしてください。

そして、統合失調症の人も注意が必要です。統合失調症の患者さんがアルギニンを摂取すると、ペントシジンという物質が血中濃度を高めてしまい、結果的に向精神薬の効き目を抑え込んでしまいます。成分の相性の問題ですが、くれぐれも摂取をひかえてくださいね。

さらに、肝機能、腎機能が低下している人も、アルギニンを摂取しないほうがいいです。摂取することでさらに、体調を崩してしまう場合があるので気をつけてください。

どんなに身体に良いとされる食品であっても、それだけを食べ続ける事は健康的ではありません。健康的で規則正しい生活が、キレイなバストをつくります。夜、しっかり眠らないとバストアップに必要な女性ホルモンが分泌されません。

アレルギンはバストアップに最適の成分です。自分の健康状態にあった方法でアレルギンを摂取しましょう。サプリで摂取する場合、適量を毎日続けて、適切なタイミングで飲むことがバストアップの効果を後押ししてくれますよ。

バストアップのための女性ホルモンは、睡眠時、運動後、空腹時に分泌されると言われています。もちろん20代でも30代でも女性ホルモンは分泌されてます。しかし、無理なダイエット、夜更かし、運動不足、ジャンクフードをだらだら食べ続ける、みたいな生活の人は、女性ホルモンがしっかり分泌されていない可能性があります。

絶対に22時~2時までにはベッドに入って眠りましょう。キレイなバストは、しっかり育った乳腺、質の良いプルプルの脂肪、ハリのある肌で作られます。

そして、バランスの良い食生活を心がけ、動けなくなるまでドカ食いしてしまう事は、やめておきましょう。そして、適度なウォーキングやストレッチをするなど、健康的な生活を心がけて、女性ホルモンが分泌されやすい身体を目指しましょう。


関連記事


ランキング


おすすめ記事